Tips‎ > ‎

Facebook 連携

2011/03/30 23:45 に まつぼっくり が投稿
Twitter 連携として”つぶやき”を投稿する機能を実装することが多い
2011年はFacebookを始める人が多くなりTitter同様ソーシャルメディアとなると考える。
ここにFacebookと連携する方法を調査した内容をメモを残す

公式サイト > Facebook Developers

Facebook Android SDKをダウンロードする

SDK は github で公開されている。先にTortoiseGit をインストールしておく。 > 参考
SDK をダウンロードするフォルダをエクスプローラで開く。
右クリックしてGit cloneを選択

git://github.com/facebook/facebook-android-sdk.git
facebook-android-sdk というフォルダが作成される。

eclipse にプロジェクトを追加する

ファイル>新規>Androidプロジェクト

外部ソースからプロジェクトを作成を選択
ダウンロードしたSDKの中にあるfacebook を選択してプロジェクト作成完了

Facebook アプリをさっそく作る

ファイル>新規>Androidプロジェクト
いつも通りに新規にプロジェクトを作成する。

プロジェクトのプロパティを開いて Android タブを選択
ライブラリにfacebookプロジェクトを追加する。

ここまででFacebook SDKを利用することができるようになった。

Facebook にアプリを登録する

Facebook developer

Set Up New App ボタンをクリック

要求されるものを入力して、アプリ情報の画面が表示されたら
Mobile and Devices を選択

アンドロイドという項目にキーハッシュを入力する

OpenSSL が必要になるのでインストールする。(記事の最初に書いておくべきでした)

> 参考

開発中はデバッグキーを使用するのでキーハッシュはデバッグキーのものを登録しておく
正式に公開するときにあらためてキーハッシュを登録し直す。

デバッグキーの場所
C:\Users\ユーザ名\.android

ファイル名
debugt.keystore

keytool は jdk の bin フォルダ内にある。
C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.6.0_23\bin

パスを通しておくと楽です。

keytool -exportcert -alias androiddebugkey -keystore debug.keystore | openssl sha1 -binary | openssl base64

コマンドプロンプトで上記を入力する
うまくいかない場合はOpenSSLがインストールされていないか、パスが通ってない、ファイル名が間違えているかもしれません。

debug.keystore をフルパスで入力するか、keytool もフルパスで入力する。いずれも大変なのでkeytoolがあるフォルダにパスを通しておく方がいいでしょう。debug.keystore のあるフォルダに移動して上記を入力すればいいと思います。


表示されたキーハッシュを先ほどの画面に入力する。

準備完了


サンプルをいじってみる

Facebook SDK の中に example フォルダがあります。この中に2つのサンプルが含まれているので
stream フォルダの方を使いたいと思います。

eclipse で ファイル>新規>Androidプロジェクト
先ほどのフォルダを指定してプロジェクトを作成します。(コピーしたフォルダを使用する方がいい)


App.java にFB_APP_ID があるので、自分のAPP ID に置き換える。

Facebook developer


実行すると、画面上に Welcome to Stream と Connect ボタンが表示された。

画面が遷移して「アクセス許可」を求める画面が表示される。自分のアプリなのでためらいなく「許可」

ログインIDやパスワードを求められなかったのはそのうち調べる
>たぶん、プリインアプリが何かしてるのかしら?


Comments