開発環境構築(Win)

2010/08/14 5:43 に まつぼっくり が投稿
私のメインの開発環境はWindows7(64bit)です。

64bitだから・・・ということは気にせずに 32bit の方も参考にしてください。
違いは、ダウンロードするファイルが違うだけです。

JDK をダウンロードする


ダウンロードサイトはこちら

詳しくは・・・・JDKをインストールする

Eclipse をダウンロードする


最新版を!と言いたいのですがここで紹介するのは私の開発環境と同じものということで

http://www.eclipse.org/galileo/

ここから Eclipse 3.5 (Galileo)をダウンロードします。



上にある Download ボタンではなく、赤枠の DOWNLOAD NOW をクリックします。


Eclipse Classic 3.5.0 をダウンロードします。
赤枠右の方にある Windows 32-bit をクリックします。

ダウンロードが完了したら、任意の場所に展開してください。
私はCドライブ(c:¥)に展開しました。c:¥ecllipse の中に青い丸のアイコンがあるので、それをダブルクリックすると起動しちゃいます。
最初にワークスペースを聞かれるので、それも任意の場所を指定してください。
私は何も変更しませんでした。

まだ、ダウンロードしなければ行けないものがあるのでEclipseは放置します。
というか、ここを読んでるときは、まだダウンロードが完了してないですよね

というわけで次

Android SDK をダウンロードする

http://developer.android.com/index.html

上の方にSDKというタブがありますので、そこをクリックします。



次のページで対応するOSのものをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら任意の場所に展開します。
私は・・・c:¥ 直下に展開しました。

ADT plugin をインストールする

Eclipse を起動します。
私は日本語化していないのでメニュー項目とか英語のままです。日本語化している方は読み替えてください。

Help > Install New Software 選択する


Add をクリック

Name : Android (この文字列は任意)
Location: https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

OK をクリック


  • Developer Tools
    • Android DDMS
    • Android Development Tools
こんなのが出てくればいいです。出てこない場合は

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

これを

http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

に変更してみてください。 https:// -> http://

Developer Tools の左にある四角にチェックをいれて、Next をクリックします。

あとは、画面を見ながら進んでいけばインストール完了です。

Eclipse を再起動すると


画面の上に赤枠のものが増えています。

一番左のアイコンをクリックします。


Android SDK and AVD Manager が開きます。

Available Packages を選択して、右に表示されるツリーの中から必要なものにチェックをして
Install Selected ボタンを押します。

全部をインストールしてもいいのですが・・・かなり時間がかかるので余裕があるときにやった方がいいです。

Xperia, HT-03A をターゲットとしてアプリを開発するならば、1.6という文字が含まれているものをインストールします。
実機を使って開発する場合は、USB driver もインストールしてください。


ここまでできると、開発環境の構築は完了です。

AVD は・・・・
実機が無い場合は、エミュレータを使う事になりますが・・・これはそのうち書きます。

おつかれさまでした。
Comments