開発環境構築(Mac)

2010/08/08 20:18 に まつぼっくり が投稿   [ 2010/08/17 11:47 に更新しました ]
Mac でAndroid開発環境を構築する

どしろ〜とが書いてますので、間違えとかありましたら教えていただけるとうれしいです。
Twitter@kouichi_matsuda
http://twitter.com/kouichi_matsuda

Windows との違いは JDK のインストールくらいでしょうか・・・
時間ができたらWindowsでの開発環境構築もやってみます。Linuxはやりません。

まずは・・・

Eclipseをダウンロードする

2010/08/09 現在で対応しているものです。
Eclipse のバージョンは最新版でやりたいのですが、まだ対応してないらしいです(何がたいおうしてないんだろう?プラグインかな?

インストールする前に、ダウンロードですね
ダウンロードはこちら
http://www.eclipse.org/
右上にダウンロードページへのリンクがあります。

上記リンクからダウンロードに進むと、最新版になってしまうので下記リンクからダウンロードページへ進んでください。
http://www.eclipse.org/galileo/
左上にある Download ではなく、右上にある Download now をクリックします。



Eclipse classic をダウンロードする事にしました。
右の方にOSとか書いてあるので、自分の環境の物をダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、ファイルを展開します。
展開して作成されたフォルダ eclipse を任意の場所に移動させてインストール完了です。
私は、アプリケーションフォルダにコピーしました。

Android SDK をダウンロードする

http://developer.android.com/index.html

上の方にSDKというタブがありますので、そこをクリックします。



次のページで対応するOSのものをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら任意の場所に展開します。
私は・・・Windows の環境ではc:¥ 直下に展開しました。
Mac では アプリケーションフォルダに展開しました。

Eclipse 設定


Eclipse を初めて起動すると、上図のような画面が出ます。
赤い枠のボタンを押して、普段使う見慣れた画面にします。しなくてもいいかもしれませんけど・・・

ADT plugin をインストール

Help > Install new software を選択


Add を押します。





Name は任意です。自分が分かればいいです。
Location は https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ を書いてください。

先に進まない・・・とかになったら、
  http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
にしてみてください。動き出す事があります。あと、会社とかでProxyの設定が必要な環境の場合は社内ITとかシステム部とかに聞く必要があるかもしれません。


OK を押します。




Developer Tools の左にある 四角にチェックを入れてください。
Next を押して次の画面へ、、、画面の指示に従いといいたいですが
私は英語が苦手なので、、、とりあえず Next とか Accept とかを押しながら進みました。

インストールが終わると、Eclipse を再起動していいか聞かれるので Yes にします。


なんか増えてます。
押したくなりますが、その前に設定をすませましょう。

Mac だと 環境設定という項目から開きます。
Windows だとWindow > Preference から開きます。(間違えてたらごめんなさい
下図のような画面がでます。


Android という項目を選択して、SDK Location を入力します。
これは、Android SDK を展開した場所を入力してください。

私はアプリケーションフォルダに展開したので、

/Applications/android-sdk-mac_86

と入力(Browseで選択)しました。


もう一踏ん張りです!!


Android OS 1.6 で開発するために対応するSDKをダウンロードする必要があります。



Available Packages を選択すると、右側に上図のような一覧が表示されます。
(表示するには一番上の地球儀の横にある三角形をクリックしてみてください。)

Xperia や HT-03A、IS01 向けにアプリを作る場合は、1.6 という文字が含まれているものにチェックをいれます。

Desire だけでいいということであれば 2.1 が含まれているものをチェックします。

時間に余裕があるときは、全部ダウンロードしちゃってもいいです。あとHDDに余裕があれば・・・

Install Selected を押すとダウンロード、インストールが開始されます。


ここまでできたら開発環境の構築が完了です。
おつかれさまでした。


Comments