バージョン管理 subversion(SVN)

2010/08/14 19:14 に まつぼっくり が投稿
アプリを開発しました!
さぁ公開!!!

数日後・・・
「不具合がありますよ」とユーザからメールをもらう

修正したぞ!
再度公開!!!

またまた数日後・・・・
「前は動いてたのに、あの機能が使えなくなりました」とユーザからメールをもらう


・・・・前の機能ってどんなソースコードだったっけ?消しちゃったよぉ

開発を始めたばかりのころは、よくやってた私の実話です(すいません嘘をつきました

前のバージョンに戻したいという事は、しょっちゅうあることではありませんが
ローカルでソースコードを管理しているとパソコンが故障してしまったら、そのソースコードが無くなってしまう可能性があります。

そこでバックアップ!

毎回、ファイルをバックアップ用のCDや外付けHDDにコピーするのも面倒です。

そこでsubversion!

Git は私は理解できてないので紹介すらしません。

バックアップもできるし、バージョン管理もしてくれます。
古いバージョンに戻したいときも解決してくれます。

ここで紹介するのは、一人で開発することを前提としています。
複数人で開発すると不具合が出る可能性がありますので、お勧めしません。

今回の対象者:SVNを使った事がある人(すいません、画像とか使ったものは後日・・・)

対象OS:Mac



DropBox + subversion


DropBox


DropBox は2GBの容量まで保存できる外付けHDDみたいなイメージでいいと思います。
外出先のPCからも、iPhone、iPad、Android端末からもアクセスすることができます。
2GBまでは無料です。知人ともフォルダを共有する事ができます。

DropBox


まずは、DropBoxのユーザ登録をしてください。手順は省略させていただきます。

次に

Subversion


今回はMacで説明させていただきます。Winはこちら(準備中)

コンソールで

svnadmin create /Users/macuser/Dropbox/repo/repo0001/

赤い文字のところは適宜書き換えてください。

Macの場合は、DropBoxだけインストールすればいいです。

Eclipse からアクセスする場合は subclipse などをインストールするといいと思います。

Location の設定は

file://localhost/Users/macuser/Dropbox/repo/repo0001/



経験者の方は、この情報だけでなんとかいけるはず・・・・


Comments